ヘッダー

これは、ラクダ。


これは、ラクダ。

購入までの流れ

購入までの流れ

[重要]2018/08/06 非常電源(自家発電設備)点検票の判定欄をご確認下さい!


先日バージョンアップした非常電源(自家発電設備)点検票について、(その3)始動用蓄電池設備の判定欄が始動用補助装置にも表示されるという不具合が御座いましたので修正致しました。既に不具合は解消しておりますが、下記の不具合対象期間に作成した非常電源(自家発電設備)点検票については、印刷された判定欄が正しいか再確認をお願い致します。

■不具合対象期間
2018年8月01日(水)06:00~2018年8月6日(月)11:30まで


[お知らせ]2018/08/02 今後のバージョンアップ予定について


先般よりご案内しておりましたサーバー追加工事が完了し、現在、FireNETへのリソース追加作業を進めております。
なお、一括印刷用PDF作成機能の改善を含むGoogleプロダクトとの連携機能強化や、防火対象物の地域対応なども準備を進めております。
今後もシステムの安定性を最優先として、慎重にバージョンアップ作業を進めて参りますので、ご了承下さい。


[重要]2018/08/01 06:00 バージョンアップしました


★平成30年6月1日12号告示の新様式に対応

・非常電源(自家発電設備)点検票【改正】
 (その1)
  種別・容量等の内容に「種類:  / kW」を追記
 (その2)
  運転性能-換気を追加
  接地抵抗を(その3)に移動
 (その3)
  自家発電装置の接続部を追加
  ※※運転性能-負荷運転に変更
  ※※運転性能-内部観察等を追加
  備考欄に下記を追記
   「負荷運転又は内部観察等の最終実施年月( 年 月)」
  最下部備考を変更

 注)その3備考欄の下記の部分は編集可能としました。
  ・「電気主任技術者 氏名及び番号」
  ・「負荷運転又は内部観察等の最終実施年月( 年 月)」

 既存のデータは、センター側でのコンバートが完了しており、ユーザ側の特別な操作は必要御座いません。


[News]新しい119番通報訓練装置「119番かけるくん」の情報を、消防防災博物館 防災展示場に掲載しました


一般財団法人消防防災科学センターが運営する消防防災博物館 防災展示場デモゾーンに、弊社の新しい119番通報訓練装置「119番かけるくん」の情報を掲載しました。
→ 消防防災博物館 防災展示場デモゾーン(別ウィンドウで開きます)

<デモ出展ゾーン>
119番通報訓練装置「119番かけるくん」の掲載ページ(PC版)(別のウィンドウで開きます)
119番通報訓練装置「119番かけるくん」の掲載ページ(スマホ版)(別のウィンドウで開きます)

<アイテム出展ゾーン>
119番通報訓練装置「119番かけるくん」の掲載ページ(PC版)(別のウィンドウで開きます)
119番通報訓練装置「119番かけるくん」の掲載ページ(スマホ版)(別のウィンドウで開きます)


[News]東京国際消防防災展2018に出展します!


5月31日から開催される東京国際消防防災展2018に出展します。

今回は、新しくなった119番通報訓練装置「119番かけるくん」(平成30年度モデル)を初公開!
是非、この機会に実機を見て触って体験して下さい!

弊社ブースは屋外特設会場に御座いますので、実際に地域の消防防災フェアーなどで使用するイメージでご覧頂けます。また、お子様連れの方には数量限定の特製ノベルティーをご用意。是非、ご家族で弊社ブースにお越し下さい。

名称 : 東京国際消防防災展2018 → 公式ホームページ
会期 : 2018年5月31日(木)~6月3日(日) 4日間 10:00~17:00(最終日は16:30まで)
会場 : 東京ビッグサイト (弊社ブース 東屋外特設会場 O-11)


[News]119番通報訓練装置「119番かけるくん」の公式ホームページ(www.119-ban.com)を開設しました!


119番通報訓練装置「119番かけるくん」の公式ホームページを開設しました!
→ 119番通報訓練装置「119番かけるくん」の公式ホームページ(別のウィンドウで開きます)


消防設備点検票を『かんたん』作成。

消防設備点検票を、ホームページを見る感覚で『かんたん』に作成。
パソコンがはじめての方でも、消防設備点検票が作成できます。


"枠"にピシッと収まる!文字幅自動調整機能


 ・多くの文字を入力した場合も、システム側が自動的に最適な文字幅へと調整。
 ・各フィールド単位で機能。
 ・全体の見た目のバランスを損ねることなく、多くの文字数を入力可能。


ドラッグオートフィルで素早く入力!


 ・判定欄の○や/を1回のマウス操作で大量に入力!
 ・連続する番号を1回のマウス操作で入力!
 ・1回のマウス操作で複数フィールドをコピー/消去!
 ・「A-1」「A-2」、「201号室」「202号室」など、文字と数字で構成された連番も簡単入力!


1行コピー、貼り付け、挿入、削除機能


 ・データ入力時の連続した行複製・行削除がさらに容易に。



インターネット対応

消防設備点検票ごとに分担して作業したり、現場と事務所で同じ画面を見たり出来ます。もちろん、編集したデータは一元管理。自宅、会社、営業所、現場など、いつでも、どこでも、一元化された情報にアクセスできます。


インターネットに接続できる環境があれば、いつでもどこでも利用できます

スマホ(iPhone/iPad/Android)・Surfaceにも対応!


感知器の誤作動発生!
そんな時も、FireNETなら心配ありません。
緊急出動で現場に直行しても、現場から消防設備点検票を閲覧可能。
編集や印刷もできます。



iPhone/iPadに対応!




フルブラウザ搭載の携帯やスマホ・タブレットに対応!

FireNETは、特殊なプラグインを使用せず、Web標準仕様に準拠していますので、携帯電話やスマートフォンからのアクセスが可能です。様々な端末からアクセスできるので、低コストで理想的なモバイル環境を利用できます。


自動作成エンジン搭載

あらゆるデータが連動。
入力したデータを徹底的に利用し、消防設備点検票を自動作成。
同じデータを何度も入力する事はありません。

消火器一覧表から、消防設備点検票を ”超高速” 自動作成


 ・消火器一覧表から消防設備点検票を自動作成。
 ・棟別に消防設備点検票を自動作成可能。
 ・消火器数百本クラスの物件でも、即座に自動作成。
 ・消火器の種類別本数や不良の個数を数える必要がありません。


総括表や点検者一覧表を自動作成


 ・総括表を自動作成。
 ・備考欄に記入した不良を、総括表に連動。
 ・点検者一覧表は、消防設備点検票に記入した情報を元に完全自動作成。
 ・もちろん、物件名や住所も全て各消防設備点検票に連動。



フッター